岡山ファミリーサポート

相続人

相続財産が判明したら、誰が相続するのかを考えます。相続する人のことを「相続人」と呼び、相続人は民法の規定で決められています。相続人には、配偶者、子、親、兄弟姉妹が該当します。相続人は、被相続人の財産のすべてを相続しますので、プラスの財産だけでなくマイナスの財産も相続します。

法定相続人

被相続人の配偶者(妻や夫)は必ず相続人になります。加えて、子がいる場合、その子が相続人となります。妻と子が相続人となるよくあるパターンです。子がいない場合、親が代わりに相続人となります。親もいない(既に死亡している)場合、兄弟姉妹が相続人となります。

図で表すと下記のようになります。

相続人
配偶者
第1順位 子(養子も含む)
第2順位 両親、祖父母
第3順位 兄弟姉妹

配偶者は必ず相続人となります。配偶者に加えて、子→親→兄弟姉妹の順で相続人となります。

代襲相続

被相続人より先に子が亡くなっている場合には、代わりに孫が相続人となります。これを代襲相続と呼びます。子が既に亡くなっているから、直ちに第2、第3順位の親や兄弟姉妹が相続人になるわけではなく、孫がいれば直系卑属(子や孫)が相続人として優先されることになります。

被相続人

↓ 子が先に亡くなっている場合

亡子

↓ 孫が代襲相続する

直系卑属の場合は、孫→ひ孫・・・と下の代がいる限り代襲相続します。兄弟姉妹が相続人となる場合で、先に亡くなっていた場合も、甥や姪に代襲相続します。ですが、甥、姪も先に亡くなっている場合、さらに下(姪孫と呼ぶらしいです)へは代襲相続しません。

戸籍の調査

被相続人の出生から死亡までの戸籍を集めることで、誰が配偶者か、子供が何人いるかなどを判断します。戸籍の請求は本籍地の市町村に請求します。本籍地が離れている市町村の場合、郵送での請求も可能です。相続人が確定したら、相続人の現在戸籍を取得します。相続人も死亡している場合、その死亡日が被相続人より先か後かを確認します。先に死亡していた場合は代襲相続、後に死亡していた場合は数次相続となります。いずれにしても死亡していた相続人の戸籍をたどっていく必要があります。兄弟姉妹が相続人となるようなケースでは、戸籍を大量に取得することがよくあります。自身で難しいと感じたら専門家へご相談ください。