岡山ファミリーサポート

遺産相続の流れ

前ページでは、人が亡くなったときに必要な届出や各種の手続きについて説明しました。このページでは、亡くなった人の財産がどのような手続きを経て、誰に帰属するのかについて、大まかな流れを説明します。

相続は、人の死亡によって開始します。戦前は、「隠居」という制度があり、死亡しなくても、家督を承継させる制度がありましたが、現行の民法では隠居の制度はありません。民法の規定では、「相続人は、相続開始の時(つまり、死亡した時)から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。(民法896条)」と規定されています。

では、誰に、どの財産が、どのくらい相続されるのか。それをどうやって決めるのか。最終的に確定するまでの流れを紹介します。

※亡くなった方のことを「被相続人」、相続する人のことを「相続人」、承継する財産のことを「相続財産」と呼びます。

相続財産の調査

主な財産としては、現金・預貯金、不動産、株式、国債などが、あげられます。亡くなった人がどれくらいの財産を持っていたのか、調べていく必要があります。預貯金であれば通帳から、不動産であれば固定資産税評価証明書など、手掛かりになるものを集めるところからスタートです。

相続人の調査

相続人になる人は、民法の規定で決まっています。主に、配偶者や子です。亡くなった方の出生から死亡までの戸籍を集め、相続人を確定させる必要があります。また、遺言などで相続人以外の人に遺贈している可能性もあります。

遺産分割協議

相続財産、相続人が判明したら、遺産分割協議を行います。誰が、どの財産を相続するのかを相続人同士で話し合うことになります。遺産分割協議がまとまらない場合は、法定相続分で財産を共有することになります。

名義の変更

遺産分割協議がまとまった場合は、その内容に応じて、不動産の名義変更、預貯金の解約・名義変更等を行っていきます。