岡山ファミリーサポート

相続放棄

被相続人に多額の借金がある場合や、連帯保証人になっており、将来、債権者から請求が予想される場合などは相続放棄を検討することになります。

相続放棄とは

相続放棄とは、相続人が遺産の相続を放棄する手続のことです。相続放棄をすれば、初めから相続人でなかったものとみなされるため、マイナスの財産を相続することもありませんし、遺産分割協議からも離脱します。当然ですが、プラスの財産も放棄することになります。よく考えたうえで相続放棄をするかどうか判断してください。

※「財産は全部長男が継いだから、私は関係ないわ。」と言われる方も多いですが、遺産分割協議で話合いができるのはプラスの財産のみです。マイナスの財産(借金など)は相続人間で勝手に一人の債務にすることはできません。必ず債権者の同意が必要です。ですから、長男が全部相続した場合でも、借金などは依然相続人全員で負っているケースもよくあります。きちんと手続きをしておかないと、マイナスの財産だけ相続している状態になっているかもしれません。

相続放棄ができる期間

相続放棄の手続きができるのは、「自己のために相続の開始があったことを知ったときから3か月以内」です。基本的には、被相続人が亡くなったときから3か月以内と考えてもらって構いません。しかし、被相続人と疎遠になっていたため、死亡したことすら知らなかったというケースもあると思われます。その場合、3か月の期間は、「知ったとき」から進行することになります。「知ったとき」がいつなのかを証明できる資料はきちんと残しておく必要があります。具体的には、市町村から送られてくる固定資産税の代表者通知の書類や債権者からの督促状などです。被相続人の死亡を知らないことにつき合理性があり、知ったときから3か月以内であれば、相続放棄が認められる可能性が十分にあると思います。

申請先

被相続人の最後の住所地の家庭裁判所です。最後の住所地というのは、死亡時の住民票の住所ということになります。県外の場合、郵送での申請も可能です。

注意点

子が相続放棄をすると第2順位である親が相続人となります。親が死亡している、または相続放棄をした場合、さらに兄弟姉妹や甥、姪へと相続権が移っていきます。自分が相続放棄をした場合、出来る限り、次の相続人へ相続放棄をした旨、伝えてあげた方がよいでしょう。何も知らずに突然督促なんかが届くと親族関係がこじれてしまうこともあります。